Skip to content →

faxでも受け取ることができるモビットの審査に不安な方の対策

過去にキャッシングの経験があり、もしくはクレジットカードなどの分割ローンの経験があり、モビット増額審査に不安を感じるというのであれば一度個人信用情報機関に過去の債務について情報開示請求をしてみるとよいでしょう。
情報開示はfaxでも郵送でも、インターネット上でも行われます。
手数料は1,000円となりますが、現在ある3つの個人信用情報機関すべてに確認すると安心でしょう。

個人信用情報機関で管理されている情報は非常に多くありますが、中でも気をつけなくてはならないのは異動情報です。
各個人信用情報機関が管理している情報は加盟している消費者金融や銀行、信販などから提供された情報のみではありますが、異動情報だけは3つの個人信用情報機関で共有されています。
異動情報とは、金融事故、いわゆるブラックです。

異動情報には大きく4つあります。
・3か月以上の返済の遅延
・代位弁済
・強制解約
・債務整理

完済の意思なしと判断される状況がつまりは異動情報となります。
3か月以上も返済が遅れていれば返済の意思があるとは到底思えません。
また代位弁済とは銀行カードローンなどで返済が2か月以上滞納した時に行われる保証会社による保証の履行です。
債務整理は法律によって守られた債務者の救済措置ではありますが、約束の完済をしなかったということで考えるとこれも返済の意思がなかったと考えられるものです。
過去のキャッシングにトラブルはなかったでしょうか。
今一度確認をしてみましょう。

Published in モビット

Comments are closed.